生きもの田んぼのお酒 市川

日本の美しい原風景
「生きもの田んぼ」

農薬、化学肥料、除草剤不使用。
有機肥料のみで栽培した強い稲、
強い苗から生まれたコシヒカリ。
生きものがそのまま生息できる田んぼを実現し、
「生きもの田んぼ」と名付けました。

日本が世界に誇る稲作という文化を継承するために。
「生きもの田んぼ」で育った最高級のお米と、
最高級のお米で作られた日本酒をご提供します。

生きもの田んぼのお酒 市川

生きもの田んぼのお酒 市川

日本酒の原料となるお米は、一般的に酒米(酒造好適米)です。食用米だけで日本酒を作っている酒蔵は全国でもかなり少ない数になります。酒米が酒造りに適しているのは、醸造で使う麹菌が活動しやすい構造になっているからです。でも美味しい食用米で作られた日本酒を作ってみたい、飲んでみたいと思いますよね?

生きものがそのまま生息できる田んぼで丁寧に作られたお米。農薬不使用、有機肥料のみで栽培したコシヒカリ(食用米)で、日本酒を醸したい。そして、その日本酒をきっかけに、生きもの田んぼの農法や生産者を日本中に拡げていきたい。
このような想いから生きもの田んぼのお酒「市川」は生まれました。

生きもの田んぼのお米

生きもの田んぼのお米

「生きもの田んぼのお米」は、農薬・化学肥料・除草剤を使わない栽培に適した力強い苗を育てるために、ハウスではなく露地で育苗します。
そして、4枚半葉っぱが出た成苗(大人の苗)まで育ててから田植えをします。そうすることで、雑草、病害虫に負けない強い稲が育ち、強い苗だからこそ、農薬、化学肥料、除草剤に頼らない稲作が可能になります。
さらに、田んぼに動物性の肥料を使わず、田んぼでとれたものを田んぼに還す意味も込めて、米ぬか、もみ殻、わら、おからを微生物で発酵肥料にし、田んぼに戻します。そうすることで、雑味のない美味しい稲が育ちます。

農薬・化学肥料・除草剤を使わないことで、生きものがそのまま生息できる「生きもの田んぼ」を実現しました。
雄大な自然と豊かな清水から織りなす自慢のお米です。
信州佐久のこしひかり「生きもの田んぼのお米」は、生産者の情熱と愛情がたっぷりとお米一粒一粒にコメられています。

生きもの田んぼとは

日本には二千年以上とも言われる稲作の文化があり、稲作と共に文化を発展させ、生活を営んできた歴史があります。また、水田は多くの生きものの住処でもあり、洪水の防止、水資源のかん養、有機性廃棄物の分解、水質の浄化など、環境を維持するための様々な役割があります。近年、食生活の欧米化や少子化傾向により、米の消費量が減少し、それに伴い日本の田んぼも減少の一途を辿っています。このままでは、生産者がいくら良いお米を作っても、販路の拡大は見込めず、やりがいを失い、将来への希望を持てません。
日本が世界に誇る美しい田園風景、稲作技術が失われていくのは、日本が、そして日本人が、アイデンティティを失う事と同義だと考えます。

私たちが出会った「生きもの田んぼ」の稲は、農薬や化学肥料の力を借りず、自分の力で成長し、異常気象や台風にも負けず、逞しく実ります。この「生きもの田んぼ」の面積が増えれば増えるほど、地球環境の保全や稲作文化の継承に繋がり、さらには、良質な米の需要増加で生産者がやりがいを持って農業に従事することができると思っています。
日本が世界に誇る稲作という文化や、美しい景観を次世代につなげていくために、「生きもの田んぼのお米」の生産者の日本酒作りを推進したい。
ゆうき販売株式会社は、この「生きもの田んぼ」で育ったコシヒカリを原料に最高の日本酒を醸し、「生きもの田んぼ」やその生産者の素晴らしさを知ってもらう事を目的としています。

生産者について

STORY

日本が世界に誇る稲作という文化や、
美しい景観を次世代につなげていくために、
「生きもの田んぼのお米」の生産者の
日本酒作りを推進したい

Chapter 1

生きもの田んぼの
お米で日本酒作り

2001年、創業間もないゆうきは、埼玉県杉戸町にて農薬・除草剤不使用で、なおかつ有機肥料のみを使い稲作に取り組んでいる網本さんと出会い、稲の生理に則った農法に共感し、「生きもの田んぼのお米」の販売を始めました。
2013年には、青果物の産地直送販売を行う「ゆうきや」を開業しました。ゆうきやでは、自社冷蔵トラックで産地まで直接伺って仕入れた、どこよりも新鮮な農産物を取り扱っています。

「ゆうきや」の高原野菜を仕入れに長野県佐久市へ伺う中で、野菜の生産者から市川さんをご紹介いただいたところ、お米の品質がとても良く、また、農薬不使用の稲作に高い関心を持ってました。
そこで、2018年に網本さんの協力のもと、市川さんの田んぼにて無農薬、かつオリジナルの有機肥料を使用した稲作に挑戦しました。 網本農法は、市川さんの田んぼでも素晴らしい効果を発揮しました!

生きもの田んぼ
Chapter 2

生きもの田んぼの
お米、農法について

網本さんの農法では、農薬・化学肥料・除草剤を使わない栽培に適した力強い苗を育てるために、ハウスではなく露地で育苗します。
そして、4枚半葉っぱが出た成苗(大人の苗)まで育ててから田植えをします。そうすることで、雑草、病害虫に負けない強い稲が育ち、強い苗だからこそ、農薬、化学肥料、除草剤に頼らない稲作が可能になります。
(普通の農法では2枚半葉っぱが出た稚苗で田植えをします。稚苗だと、育苗期間を短縮でき、低コスト化できますし、一般的な田植え機はすべてその仕様です。しかし、それでは苗自体の体力が乏しく、農薬をはじめとした人間の補助が必要となります。)

そして大人の苗(成苗)を植えます。
さらに、田んぼに動物性の肥料を使わず、田んぼでとれたものを田んぼに還す意味も込めて、米ぬか、もみ殻、わら、おからを微生物で発酵肥料にし、田んぼに戻します。そうすることで、雑味のない美味しい稲が育ちます。 「生きもの田んぼのお米」の栽培を、長野県佐久市の市川さんの田んぼで成功できたことは、日本酒造りへの大きな弾みとなりました。
市川さん自身、「生きもの田んぼ」を始めて初年度、そして2年目と、農薬・化学肥料・除草剤に頼らず力強く健康に育つ稲と、どんどん増える田んぼの生きものに、確かな手ごたえを感じています。

網本欣一さん

網本欣一さん

Chapter 3

市川裕也さんについて

「これまでの人生、野球と農業のことしかやっていません」という市川さん。
高校時代に負った大きな怪我を乗り越え、大学まで野球を続けられました。今は息子さんの少年野球の指導を行われています。
農業に関しては、最初お爺様から仕事を教わったそうです。
昔気質の厳しい方だったそうで、お爺様が亡くなるまでの3年間は、胃に穴が空くほどの辛い時期だったそうです。
実際に仕事中倒れられたこともありました。

お爺様が亡くなられるとき、看取っていた市川さんへ、「頑張れよ」と最後の言葉を伝えられたそうです。
市川さんは、今後自分が中心となり、家業を運営し拡大していく決意をしました。
それから努力を重ね、経験を積みながら規模を拡げていきました。
今では60町の田んぼを管理する、スーパー米農家です。
ただ、ある時、規模を大きくする以外の目的がない状態に陥ったそうです。
そんな折、ゆうき販売株式会社の荒井と出会い、網本さんの話を聞いて感銘を受け、勇気を持ち農薬・除草剤不使用、無化学肥料の稲作を始めました。
2年目の「生きもの田んぼのお米」の出来も、大変素晴らしい出来です。
今後、田植えや収穫体験のイベントも行って、多くの人に「生きもの田んぼ」の素晴らしさを広めていきたいと思っています。

市川裕也さん

市川裕也さん

市川さんの目標は、田んぼにたくさんのホタルを再現することです。
ホタルの幼虫は、水質の良い場所でしか生きられません。
「生きもの田んぼ」の面積を増やすことによって、原風景を取り戻すことは、私たちの共通の目的になりました。
生きものが当たり前に住む田んぼで米を栽培し、その米で酒を醸す。日本の原風景である農業が起点となり、地場の蔵元が栄える。
当たり前であったことを私たちは再現するお手伝いを致します。そして日本文化の継承に貢献いたします。

また、「規模の拡大だけではなく、美味しいコメを栽培することはもちろん、生きものが育む環境を次世代に繋げていくことを行えることが何よりも楽しい」
と市川さんは話してくれました。まさに私たちの想いがひとつになった瞬間でした。
目的を達成するためには、多くの人にこの素晴らしい農法や美味しいお米を知ってもらう必要があります。
そのためのきっかけにと考えたのが、「生きもの田んぼのお米」を使った日本酒造りでした。
市川さんに日本酒造りを提案したところ、是非にと快諾してくれました。そして、同じく佐久市で酒蔵を営む創業120年の伴野酒造を紹介していただきました。

生きもの田んぼ
Chapter 4

伴野酒造、
伴野さんとの出会い

市川さんと私で伴野酒造を訪れ、蔵元兼杜氏の伴野さんからお話を聞く中で、大変印象深い言葉がありました。

「酒造りのこだわりってよく聞かれますけど、まあ、全部ですよね。自分の哲学、自分のスタイルで、美味しいと思う酒を造る為に、無数にあるひとつひとつの工程を、とにかく丁寧に行うことです。当たり前ですけどね。」

醸し出すまさに「職人」のオーラに、なんてかっこいいんだろうと。
シビれました。
日本酒の消費量は年々減少傾向で、酒蔵もそれに伴い減少しています。
現状に危機感を持つ一人の杜氏として、生きもの田んぼの醸造を快く決断してくださいました。
また、飽きが来ずにずっと食べられる美味しさ、おかずに合う美味しさを市川さんが目指している。というお話をしたところ、伴野さんも、まさに私もそういう気持ちで酒造りをしているという話の流れから、この日本酒プロジェクトは絶対うまくいくと確信めいたものが私の中で生まれました。
ここに佐久地域の日本酒テロワール(※その地域で生産された米、地域の水を使った日本酒生産) が完成し、地域を盛り上げていくイメージも湧きました。

市川裕也さん

伴野酒造 六代目蔵元兼杜氏
伴野貴之さん

会社概要

会社名 ゆうき販売株式会社
所在地 〒340-0206
埼玉県久喜市西大輪 3-2-6 トーシンビル1F
代表取締役 小田 耕二
創業 2019年10月
TEL 0480-57-3288
FAX 0480-59-3288

お問い合わせ

必須
必須
任意
必須

プライバシーポリシーに同意の上、
送信ボタンを押してください。

プライバシーポリシー

ゆうき販売株式会社(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における、ユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

  • 当社サービスの提供・運営のため
  • ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
  • ユーザーが利用中のサービスの新機能、更新情報、キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
  • メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
  • 利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし、ご利用をお断りするため
  • ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更、削除、ご利用状況の閲覧を行っていただくため
  • 有料サービスにおいて、ユーザーに利用料金を請求するため
  • 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

当社は、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り、個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、当社所定の方法により、ユーザーに通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 予め次の事項を告知あるいは公表し、かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
    • 利用目的に第三者への提供を含むこと
    • 第三者に提供されるデータの項目
    • 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
    • 本人の求めを受け付ける方法

前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合には、当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。

  • 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
  • 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  • 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。

  • 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • その他法令に違反することとなる場合

前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正、追加または削除(以下、「訂正等」といいます。)を請求することができます。 当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は、前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく、これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

個人情報保護のための内部管理体制

ご提供頂きました個人情報を適切に取り扱うため、当社内部規程の整備および社員教育の実施等を通じて、継続的に本方針の見直しを含めた社内体制の強化・改善に努めます。

第10条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

ゆうき販売株式会社
〒340-0206 埼玉県久喜市西大輪3-2-6 トーシンビル1F
社名:ゆうき販売株式会社
E-mail yukihanbai@y-yuki.com